生涯現役!オトコ塾!!

京都ルネス病院メンズヘルス外来 診療中 泌尿器科専門医であり、メンズヘルスケアをライフワークとするDr.Kobaが、いつまでもカッコよく元気で過ごすため秘訣を伝授!

早漏にビタミンDが効果あり!?

ご無沙汰しておりました。

 

少し落ち着きましたのでブログ再開しようと思います。

なぜか年明けからしばらく患者さんが多く、ブログを後回しにしていました。

反省です。

 

また、心機一転頑張ります!

 

男性の皆さんを悩ます早漏

男性の約30%が悩んでいるとのこと

早漏とはセックス の時に問題になる程射精が早いこと

医学的には

挿入から1分以内

と定義されています。

www.nature.com

 

EDよりも悩んでいる方が多いかもしれない早漏ですが

ビタミンD補充によって改善するかもしれません。

 

www.ncbi.nlm.nih.gov

エジプトの研究で

先天性早漏症の患者と健常者群でビタミンD濃度を比較

先天性早漏症とは初めてセックス してからずっと早漏の方のこと

 

結果

早漏患者はビタミンD濃度が低かったとのこと

早漏患者 35.75 vs. 献上者58.92 ng/ml, p < 0.001

 

なぜビタミンD早漏と関与するのか?

射精にはオキシトシン、プロラクチン、セロトニンなど様々なホルモンが関与していますが、ここで重要なのは

セロトニン

です。

 

セロトニンは多岐にわたる作用がありますが

脳内において冷静さを保つということがあります。

前に

射精は交感神経によって起こる

とブログに書きました。

交感神経は興奮するとスイッチが入ります

反対に副交感神経はリラックスしているとスイッチが入ります。

射精は交感神経

勃起は副交感神経

な訳です。

 

なので勃起しているときは興奮しているのですが、神経としては興奮していないということになります。

心は熱く(エロく)、頭(神経)は冷静に

ということでしょうか。

頭(神経)まで興奮すると射精してしまうわけです。

 

頭まで興奮してしまうと交感神経のスイッチが入り、ノルアドレナリン

という神経伝達物質が放出されてしまいますが

このノルアドレナリンの放出を抑制しているのがセロトニンです。

 

脳内のセロトニンが低いと射精までの時間が早くなることが報告されています。

ノルアドレナリンが抑制されず、すぐに興奮してしまい射精してしまうのですね。

そして

精神疾患で使用されるSSRIというお薬は脳内のセロトニン濃度を上昇させるので

早漏を改善させるということも報告されています。

Physiology and Pharmacology of Ejaculation. - PubMed - NCBI

Effects of paroxetine on intravaginal ejaculatory latency time in Egyptian patients with lifelong premature ejaculation as a function of serotonin ... - PubMed - NCBI

Utility of selective serotonin reuptake inhibitors in premature ejaculation. - PubMed - NCBI

 

そしてこのセロトニンビタミンDがによってコントロールされることが報告されています。

Vitamin D hormone regulates serotonin synthesis. Part 1: relevance for autism. - PubMed - NCBI

 

ビタミンDセロトニンノルアドレナリン抑制→興奮しない→すぐに射精しない

という流れですね。

 

早漏にお悩みの方はビタミンDを適量摂取してセロトニン濃度をあげましょう。

セロトニントリプトファン摂取で上昇すると言われています。

 

ちなみにセロトニンが低下する一番の原因は

慢性のストレスらしいですよ。

ストレスは万病のもと!!

 

生まれ持っての早漏を改善させるには

ビタミンDを摂取して

トリプトファンを摂取して

ストレスを解消し

セロトニン濃度を上げる

ことが大事ですね!

 

今回の論文のまとめ

先天性早漏患者はビタミンDが低かった

です。

 

注意

ビタミンD脂溶性ビタミンなので蓄積して体に害が出ることもあります。

用法用量を守って摂取しましょう!

 

ac.ebis.ne.jp